肝臓の疲れからも体はだるくなり疲れやすくなる。

肝臓とはどんな臓器か

内臓の中には、大切な役割を果たしてくれている肝臓という臓器があります。肝臓の主な働きは、代謝、解毒、胆汁の生成です。胆汁は、脂肪の分解をしてくれたり、ビタミンの吸収を手伝ってくれたりする成分です。肝臓で胆汁が生成されるため、私達は代謝を促す事ができるのです。

肝臓の働きが低下してしまうと、代謝率も悪くなり、倦怠感が生じてしまいます。倦怠感やだるさが生じてしまったら、最近、肝臓の機能が低下しているのかもという事も、考えてみて下さい。

肝臓が弱ってしまう原因の代表例は、アルコールの過剰摂取です。肝臓にも休養が必要です。2013年頃から、周りにもアルコールの飲みすぎで体調を崩す人が多くなってきました。なんと、1日に6~8本も飲むと言うのですから驚きです。カイロプラクティックでは内臓の調整ができると聞いたことがありますが、肝臓はどうなのでしょうか?今度知り合いの奈良 カイロの先生に聞いてみたいと思います。

お酒は毎日飲むとしても、適度なら解毒作用があり、逆に体にいいのですが、飲み過ぎるとなると、肝臓の動きがアルコール摂取量に対して追いつかなくなってしまい、肝臓が疲れてしまうのです。肝臓が疲れてしまうと、体のあちこちに不調が表れます。そのため、アカデミーでは東京整体、それから福岡 マッサージでの施術も推薦しているそうです。本当でしょうか。2014年になり、もう半年が経過しました。今年は異常気象なのか豪雨や雹などが降り2014年6月24日、25日に話題になっていますね。青葉台 整体のほうでも酷い雨が降ったそうです。車が水没するような酷い有様なので、引き続き警戒が必要です。こういった天候の日には節々が痛むことも少なくありませんので、整体で体を休めるのも良いかもしれませんね。

肝臓とだるさの関係とは

肝臓が原因で、だるさを感じる事もあるのは、ご存知でしたでしょうか?肝臓が疲れてしまうと、だるさとなって、症状が表れてきます。食べ過ぎや飲み過ぎが、肝臓を弱める一番の原因です。

肝臓の疲れをとるには、まずはバランスのいい食事に切り替える事、アルコールを控える事、野菜や食物繊維を多く摂取する事が望ましいです。

肝臓が弱ってしまうと、当然肝臓の機能は正常に働くなりますので、体の代謝率も自然と落ちてしまいます。代謝を良くするには、代謝が良くなるような生活に心がける事も大切です。

アドセンス(PC)


公開日:
最終更新日:2014/10/23

アドセンス(PC)

no image
栄養不足でも体がだるくなったりします

栄養不足とだるさの関係について 心当たりが特にないのにだるさを感じる

no image
休んでるのに体がだるくて動けないときは?

熱中症の可能性もある ちゃんと睡眠もとっているし、休養しているのに、

no image
最近疲れやすいと感じたらすぐ病院へ

疲れの原因追及しよう 最近、疲れやすいと感じる事はありませんか?

no image
体がだるくて動けない、朝も起きれない原因。

朝のだるさの原因とは 体がだるいと、一番つらいのは起床時です。 仕

no image
体のだるさと疲れやすいのは胃腸の関係

だるさの原因について 体がだるくなった経験は、誰にもあると思われます

→もっと見る

PAGE TOP ↑